胸を大きくするなら栄養バランスを見直すべし!オススメはコレ

iirust28

バストアップ成分として人気のボロンがあります。キャベツやリンゴなどに多く含まれているボロンという成分は、女性ホルモンの中でもバストアップに大きく関係しているエストロゲンがよく分泌されるよう助けてくれる働きがあります。

また、胸の部分の脂肪を増やす働きもあるので、寄せて上げるお肉すらついていないというスリム体型の人にとっては、積極的に食べたい栄養成分と言えるでしょう。熱に弱い成分なので、キャベツの千切りにピーナツやレーズンをかけ、ハチミツを少し垂らして食べるなど工夫しながら生食するのがオススメです。

こんな成分がおススメ

イソフラボンと言えば、大豆に多く含まれている植物性エストロゲンで、体内に入ると女性ホルモンと同様の役割をしてくれるのが特徴です。大豆から作られている食品はたくさんあり、納豆や味噌、豆腐、豆乳などがあり、どれも毎日食べられるものばかりです。毎食少しずつ食べるように工夫することで、バストアップしやすい体内環境へと近づけます。

牛乳から作られる乳製品には、バストアップに必要なたんぱく質がたっぷり含まれている他、動物性の脂肪も含まれているのでバストアップしやすい体内環境づくりができます。乳製品にはヨーグルトやチーズなど栄養効果が高いものが多いので、積極的に食べるのが良いでしょう。ただし、動物性脂肪も多いので、食べすぎると肥満の原因になってしまいます。

どんなにたんぱく質をたっぷり摂取していても、ミネラル成分が不足していれば満足できるバストアップ効果は期待できません。牡蠣やヒジキ、しじみなどの魚介類、ほうれん草などの野菜などミネラル成分を豊富に含む食品をたべることもまた、バストアップ効果が期待できます。ミネラル成分にはマグネシウムやカルシウムなどたくさんの種類がありますが、全身の健康維持にプラスの役割を持っているものばかりです。積極的に食べたいですね。

ビタミン類もバストを大きくしたい人におすすめです。特に、ビタミンBは皮膚のたるみを改善する作用を持っているので、胸がたるんできたなという人にとっては皮膚にハリや弾力を取り戻す効果が期待できます。また、ビタミンAやビタミンCには肌をツヤツヤにする作用があるので、美しく滑らかなバストづくりができますし、見た目の美しさや質感をアップすることができるでしょう。ホルモンビタミンと呼ばれているビタミンEを摂取すると、体内の女性ホルモン分泌が活性化されるので、体の内側から成長しやすいバストづくりができます。

バランスよく食べよう

バストを大きくする効果が期待出来る食品はたくさんあります。ただしどの食品でも、一つの食品ばかりを集中して食べるのではなく、いろいろな食品をバランスよく食べることが健康的にバストアップするためのポイントです。栄養が足りない場合はバストアップサプリもおすすめですよ。

【公式】ベルタプエラリアの口コミ徹底検証※3ヶ月飲んだ効果は!?

 

Comments are closed.